星月夜雑記

一箱古本「星月夜」母娘の雑記のような何か。

近況報告のようななにか

山のごとく積み上がった本が思うように片付かないまま、七月も半ばに差し掛かり本の置き場をどうしたものかと悩まされている。娘です。 休日の大半を外出に費やしているとどうしても読むほうが追い付かない。少しづつ減らしてもいつの間にか増えている……母の…

娘の読書記録 ―6月編―

「買った本を公開してみようか」 と言い出したのは母だったはずなのに、今となっては恥ずかしいだの嫌だのと拒否する始末。案の定と言うべきか、母の気まぐれは続かないようです。 そんな母とは対象的に、もはや開き直った娘の読書記録。 季節柄、「晴耕雨読…

本を買い込む幸せ

母を連れて「みつばち古書部」さんと「居留守文庫」さんに行ってきました。ポイントは"母を連れて"というところ。 娘です。7月になったので、6月の読んだ本をまとめないとなー、と思いつつ今日はお出かけした話でも。出かけたと言ってもお目当ては本。本だけ…

旅先で本を買うこと

先日、友人と小旅行をしてきた娘です。先日と言ってももう10日以上も前のことになりますが。 春先からずっと行きたかった敦賀へようやく行けて、概ね満足といったところでしょうか。行けなかった場所がいくつかあるので、次のお楽しみにしようと思うのです。…

娘の読書記録 ―5月編―

母の公開するものが購入記録ならば、娘の私は読書記録でも公開してみようかしらんと思い立った次第。母と比して買う本の量が圧倒的に少ない上に偏っているので面白味に欠けると思うのです。 読んだ本ならば母の蔵書も混じるので、さりげなく紹介できるのでは…

続・絵本の整理をした話

「天神さんで一箱古本市」が終了して何日かが経ったものの、夕食時の会話は専ら天神さんとそこで仕入れた情報ばかり。あと数日はこんな具合が続きそうだなと思っている娘です。 はてさて、表題には「続・絵本の整理をした話」とある通り、二週間ほど前に絵本…

買った本や売った本など

「第12回 天神さんで一箱古本市」に出店された箱主様方、主催である榊翆簾堂様、お客様方、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。風があって暑くなりすぎず、比較的過ごしやすかったように感じましたが日陰に居たからかもしれない。 天神さ…

第12回 天神さんで一箱古本市に出店します。

漸く母が雑記帳に書き込んだので、ほんの少し嬉しく思っている娘です。またもや仕事中に下書きの紙を寄越して代筆ならぬ代打……代入力?をさせようとしたので拒否して隣で更新のしかたを教えていましたが。 表題にある通り、「第12回 天神さんで一箱古本市」…

星月夜、母です

娘の雑記を読み母購入リストを改めて見直して感じた事・・・ 見事にヴィジュアル重視の本ばかり(笑) 年齢と共に集中力が無くなってきているのか、読むより眺めるに移行しつつあるのが如実に分かる購入本リスト・・・少々やばいなと焦っております。 そうい…

買ってきた本の記録をつけてみた -4/22~5/19編-

娘です。 母が「1ヶ月に買った本のリストを作って公開してみようか」などと言い出したけれど、そのリスト内に含まれる本を今度の天神さんで出す件についてはどう思っているのだろう。— おじょう@星月夜 (@seknm02) 2017年5月18日 こんなツイートをしてみたと…

絵本の整理をした話

雑記帳の記事を更新しているよと伝えたら、目の前で母に読まれてしまうことになってしまい恥ずかしかった。娘です。 もう更新していること教えない。 母の唐突な思い立ちで始まった絵本の整理。実は先週の日曜日(5/13)に終わっていました。もう少しかかるか…

屋号の由来

ある日の夕食にて。 母「徒然なるままに仕事中、アンタの書いたブログ記事読んだわ」 娘「大したことは書いてなかったでしょ。というか下書きの読ませたでしょ」 母「それより○○さんのブログが~」 徒然なるままに、と聞くと吉田兼好の徒然草を真っ先に思い…

雑記帳を開設しました。

紀貫之の土佐日記ではないけれど、需要があるなら初めてみてもよいのでは?と数日考えて作ってみた雑記帳。おそらく更新するのは娘になるのではないでしょうか。 しかし本を読むことも買うことも日常的なので、取り立てて面白いことがあるとは微塵も思わない…